規模の大きなソフトウェア開発でも使われているJavaは、ITエンジニアにとって価値のあるプログラミング言語です。
ただ実際に仕事で使う場合はJavaだけではなく、他の分野の知識も求められるので注意が必要です。

Javaを使う時に必要になるスキルセットとしては、コミュニケーション能力も重要になります。
人と接する時のノウハウは専門的に学習できるため、必要ならばそのような知識を学んでおくべきでしょう。
また、ITではインターネットの仕事が増えているので、そのような分野の知識が必要な場合があります。
ホームページ作成の際に使用されるプログラミング言語の知識なども求められやすいため、日頃から学習しておかなければなりません。

インターネットでも使われるJavaですが、そのまま利用されるケースは多くありません。
複数のプログラミング言語を組み合わせて使用される場合が多いので、気をつけるべきでしょう。
Web関係で使われているプログラミング言語は、比較的容易にソフトウェアを作れるので人気が高くなっています。
そのようなものと組み合わせてJavaが利用されるケースが多いため、ITエンジニアとして働く場合は他の言語に関する知識も求められます。

複数のプログラミング言語を合わせて使用する場合、各言語をどうリンクさせるかも重要になります。
ITエンジニアは、そういう知識も十分に学習しておく必要があります。
オンラインなどで使われるJavaは広範囲の知識が求められる言語でもあるので、ITエンジニアとして働く際はスキルセットについて理解しておくべきでしょう。

※スキルセットについての詳細:http://javaengineer-skillset.com