フレームワークはプログラム開発の際の枠組みのような存在で、特定のプログラミング用語で作られた未完成のソフトウェアのことを指します。
再利用可能な機能やそのまま利用することができるテンプレート、開発者が機能を追加するためのものなど、様々なものがあります。
フレームワークを使って開発することで、よりスピーディーにソフトウェアを完成することが可能になります。

開発を最初から行うと膨大な時間とコストが必要になりますが、フレームワークを使えば大幅な時間短縮になります。
また、コストも抑えられるので、節約にもつながります。
技術力や経験値がバラバラなチームであっても、フレームワークを利用していれば品質を保つことができ、コーティングのルールも決めやすくなります。
それぞれの考え方を統一できるため、チーム全員で同じ方向を向いて開発に取り組める点も大きなメリットです。

数々のフレームワークがある中でも、利用人口が多いと言われているのがJavaのフレームワークです。
様々な種類がありますが、代表的なものには「Spring Framework」や「Struts」、「MVC」や「JSF」、「Play Framework」などがあります。
特に「Spring Framework」は様々なソフトウェアの開発に使うことができ、世界的にもシェアを伸ばしているフレームワークです。
柔軟性や適用性が高く、Javaのスキルを高める際にも使えます。

Javaのフレームワークは種類も豊富で、応用が利くものばかりです。
しかしエンジニアはフレームワークを使えば良いという訳ではなく、フレームワークのトレンドを考えながらスキルや知識を磨くことも大切です。