Javaエンジニアの活躍の幅が増えているのは、それだけ高い需要があるためです。
そもそも、Javaエンジニアとは汎用性が高いことで知られるJavaを使いこなすエンジニアのことです。
ネットワーク環境を使いこなすことが求められる現代社会において、その存在感は日に日に増しています。
ビジネス界で通用するためには、エンジニアとしての経験値もさることながら、知識や技能、テクニックなどのスキルセットを持ち合わせていることが重要になります。
そのためエンジニアとしての価値を高めるには、スキルセットを意識することが大切です。

スキルセットを持つことで、Javaエンジニアとしての評価が高くなることはもとより、将来性という意味でも優位性を持つことができるでしょう。
Javaは複数あるプログラミング言語の中で、基礎的なものの1つです。
そのためしっかりとマスターしておけば、活躍できるフィールドは多岐にわたります。
時代の進化によって他のプログラミング言語が消滅したとしても、Javaは生き残ることが予想されています。
その観点からみても、スキルセットは重要です。

いわゆるフロントエンジニアかそれともバックエンジニアなのかによっても、スキルセットの内容は異なります。
フロントエンジニアがHTMLやCSSのスキルを求められるのに対し、バックエンジニアはWebサーバやデータベースなどに精通していなければ現場のニーズに的確に対処することは難しいと言わざるを得ません。
人工知能やビッグデータの活用など未来志向に立ち、自分の進むべき方向性を見据えた上での取り組みが必要です。